日医標準レセプトソフトをはじめとする医療システムの構築・導入のサポートのことなら、秋田の《株式会社アルファシステム》にお任せください。

 
 

HI-SEED Cloud

HI-SEED Cloud
 
クリニック向けクラウド型電子カルテHI-SEED Cloud。マルチデバイス対応で、在楽診療や自宅・出張先でもアクセス可能。日立ヘルスケアシステムズだけが持つ、これまでの経験と実績で、ドクターのめざす診療スタイルの実現を支援します。
   
  患者さまと向き合う時間を生み出すカルテ
・見やすく使いやすい画面構成と直観的な操作
・候補表示機能(病名、薬剤)で正確な判断をサポート
・オーダの自動ソート(高頻度順)などのアシスト機能搭載
 
  インターネットに接続できれば、いつでも利用可能
・時間と場所を問わずカルテ入力と閲覧が可能に
・在宅医療の円滑な実施
・専用サーバの管理やソフトバージョンアップの工数削減
・月額利用ライセンス制、導入時の費用負担軽減
 
 機器接続でスピーディ+正確+安全
・日立製モダリティ、画像ファイリングシステムとの高い親和性
・患者データの取り間違え、入力ミスなどの防止
・受付予約システムなどのITソリューション連携により、診療や業務を効率化
 
日本医師会推奨のレセプトコンピュータ「日レセクラウド(ORCA)」との連携型
・受付で入力した患者データや、電子カルテから入力したデータを共有、再入力のミスも軽減します。
・クリニック全体のICT化をサポートできる
 

HI-SEED Cloudのポイント

HI-SEED Cloudのポイント
 
1.マニュアルをすべて読まなくても直感的にイメージできるカルテ入力画面
2.オーダの自動ソート(高頻度順)・候補病名機能による充実したカルテ作成支援機能
3.フォントやカラーにこだわり、長時間の利用にも対応するユーザに優しいデザイン
4.安心・安全な電子カルテ運用、障害時のカルテ参照対応・ガイドライン準拠
5.医療機器とのシームレスな連携でクリニックのICT化を促進し、業務の効率化を実現
 
 
患者基本情報は上段に常時表示。
下部には過去カルテ・当日カルテ・検索フィールドを並列して表示することで、使いやすさに配慮しました。
 
 
登録した診療行為や処方内容に対して、レセプト上必要となる病名の一覧を表示します。
頻度の高い病名は常にリスト上位へ表示されるほか、忘れがちな「併記病名」の候補も表示します。
 
 
入力した項目は自動的に集計され、入力頻度の高い項目が上位に表示されます。
頻度順の選択だけでなく、名称からの検索も可能です。
 
 
選択メニューをサークル表にして、ワンクリックで選びやすくしました。
iPad Pro※での使い勝手も意識した入力インターフェイスになっています。
※iPad Proは、Apple Inc.の商標です。
 
 
カルテのログイン時に、メーカーや販売店から届くメンテナンスやサポート情報のメッセージを、画面に表示します。
 

医療システムとの連携で業務を効率化

医療システムとの連携で業務を効率化
 
日立のDIGITAL CLINICは電子カルテと医療システムとのシームレスな連携によって業務を効率化。ITソリューションから診断装置まで、ワンストップで提案が可能です。
 
 
クラウド型とオンプレミス型の大きな違いのひとつは、費用です。
初期導入時にかかる費用と、月額費用はどのような仕組みになっているのでしょうか。
 
 
オンプレミス型の場合、サーバ設置やカスタマイズが必要で稼働準備に時間がかかります。
クラウド型の場合、インターネット環境があればすぐに運用開始できます。
 
 
「導入から稼働後まで、きめ細かくサポート」
まずは日立ヘルスケアシステムズにお問い合わせください。
導入のご相談から稼働後のサポートまで、パートナー契約している販売店(日医IT認定サポート事務所)と連携して、きめ細かく対応いたします。
   
お問い合せ先
   所在地
    〒010-0802 秋田県秋田市外旭川四百刈2-6
   連絡先
   TEL:018-853-1120 / FAX:018-853-1102
取得認定
日医総研
日医IT認定
サポート事業所
認定番号:4091009
 
074543
<<株式会社アルファシステム>> 〒010-0802 秋田県秋田市外旭川字四百刈2-6 TEL:018-853-1120 FAX:018-853-1102